キレイモや脱毛ラボ、シースリーなど月額制をメインに打ち出した脱毛サロンも多いですよね。

脱毛ラボは特に、月額1,000円という驚きの価格のコースもあり、その安さに「全身脱毛を初めてみよう!」と思う方も多いかもしれません。

一方、これまで脱毛サロンは「○○回いくら」という形でコースの回数と値段が決まっているものが主流でした。

一歩立ち止まって考えると、これらの「月額制」と「回数パックプラン」はどちらがお得なのでしょうか??
このページでは、月額制と回数パックプランそれぞれの特徴と支払い方法について詳しくみていきます。

月額制の支払い方法とメリット・デメリット

支払い方法

月額制の支払い方法は、その名称どおり、毎月決まった額を支払いする形です。
コースは月額で決まっているため、毎月の支払いがあり支払いが終わることはありません。
携帯電話の支払いや光熱費の支払い、ジムに通うのと似たような感覚です。

月額制のメリット

気軽にスタートできる

月額制のメリットといえば、「コースの総額がこれです!」という形で決まっていないので、好きな時にサロンに通い始めることができることです。
回数パックプランや通い放題プランのように、契約時にまとまった金額を用意する必要もないので、経済的にもスタートしやすいことがメリットです。

例えば、脱毛ラボは、月額1,000円から通えるので、本当に気軽に脱毛を始めることができ、脱毛が初めての方にもおすすめです。

満足したらすぐやめられる

脱毛は、回数を重ねて施術してみないと、個人差があるため効果の出かたがわかりません。
回数をあらかじめ契約時に決めてしまうと、回数が足りなかった、思ったよりも多かった、という結果になってしまうことがあります。

そういう意味では、「好きな時にやめられる」という点も月額制の大きなメリット。

肌の状態を見ながら、満足した月に解約すればいいからコースの料金を払いすぎてしまう心配もありません^^

月額制のデメリット

総額が高くなる可能性

脱毛回数が増えていくうちに、と回数パックプランで契約した場合よりも支払い総額が高くなってしまうことがあることです。
月額いくらだから、一年でいくら、二年でいくらと少し計算してみて考えるといいかもしれません。

毎月通うことの負担

月額制のコースは、毎月サロンに通うことが前提になっている場合も多いです。
「毎月必ず一回いく」となると、仕事や育児などが忙しい方には負担になってしまうことがありそうです。
また、全身脱毛の月額制の場合、全身のいくつものパーツにわけて照射するため、数か月通ってやっと全身の照射が1まわり終了する、といったサロンも多いようです。

回数パックプランの支払い方法とメリット・デメリット

ミュゼやジェイエステなど昔からやっている脱毛サロンは今でも回数パックプランが主流です。
こちらのメリットデメリットは?

支払い方法

支払い方法としては、まず「何回照射のコース」にするのかを契約時にきめます。
「○○部位、何回、いくら」という内容を全て決めてしまい、コース開始前に全額または分割でコース料金の支払いをするものです。

全身脱毛の場合など、コースの金額がかなり大きくなる場合はほとんどの脱毛サロン・クリニックで分割払いのオプションを用意していることが多いです。

さらに、クリニックの場合には医療ローンを組むこともでき、アリシアクリニックではキャンペーンの特典として医療ローンの分割手数料をクリニック側が負担してくれる場合もあります。

また、全身脱毛専門のシースリーも、コースの総額を分割で払うことを無料カウンセリング時に提案してくれることが多いです。
ボーナスなどの月は少し多めに払うなど、2年くらいのスパンで分割プランを考えてくれます。シースリーの場合は2年までは手数料がかからず、分割払いを利用する人が多いそうです。

手数料をサロン・クリニック側が負担してくれるなら、分割にしても安心して支払いを続けられそうですよね^^

回数パックプランのメリット

総額が明らか

回数パックプランのメリットとして、やはり挙げられるのは脱毛の施術全体にかかる費用が把握しやすいということにあると思います。
ほとんどのパックプランの場合、対象の部位とコース料金、回数、そして通う頻度が全て決まった状態でコースを開始するので、後々追加料金が発生したりする心配もありません。

月額制よりお得なことも

〇〇回の施術でいくら、という形で支払いをするので、ずるずるとなんとなく通ってお金を浪費するという心配がありません。
最初に決めた回数を消化したら、一度コースは完了という形になり、もしまだ追加で施術を受けたければ追加のコースを希望することになります。
回数にもよりますが、月額制で例えば3年間など通う場合を考えればパックプランの方が一回当たりの施術料金が安くなる、ということはよくあると考えられます。

回数パックプランのデメリット

回数パックプランのデメリットとしては何があるのか見ていきます。

まとまった金額がいる

金額があらかじめ決まったコースを契約する形になるので、支払い方法にもよると思いますが、一括で払う場合にはまとまった金額を用意する必要があります。
特に、全身脱毛の場合は比較的コースの料金が高くなるので、「総額でいくらになるのか」と「支払い方法」について無料カウンセリング時に確認した方がいいと思います。
ほとんどの脱毛サロン・クリニックでは、クレジットカード決済が可能です。

また、分割払いについてもぜひスタッフさんにきいてみることをおすすめします。

回数が多すぎる・少なすぎる心配

回数パックプランの弱点として、どうしても最初に施術の回数を決めてしまうので、肌の仕上がり具合がわからないということがあります。
例えば、「18回のコースを契約したけど、12回終わったところでほとんどムダ毛が気にならない状態になった」ということになった場合に、あと残りの6回分が余分だった、もったいない、ということにもなりかねません。
また、逆に回数が少なかった、もっと施術を受けたいけど、そのためには新しくコースを契約しなければならない、という場合もあると思います。

ただ、この問題については回数が多すぎた場合、残りの回数分の費用を返金してくれる脱毛サロンもあります。
例えば、ミュゼ。ミュゼはどんな理由でも途中解約ができ、残りの回数分の返金をしてくれ、また解約手数料などもかかりません。
残り回数分の返金については、対応しているサロンがほとんどですが、解約手数料を差し引かれる場合もあるので、気になる場合は一度確認することをおすすめします。

結局どっちがいいの??

どちらもメリットデメリットがあるということを説明してきました。
結論として、月額制・回数パックプランどちらが合っているかは個人の希望によると思います。
どんな人にはどっちがいいのか、簡単にまとめました。

こんな人には月額制がおすすめ

〇手軽に今すぐ脱毛を始めたい
〇毎月脱毛サロンに通う時間的余裕がある
〇満足したらすぐやめたい

月額制で通う場合は、大体自分の求める状態になるために何カ月くらいの期間通うことになるのか、考えて総額を計算してみることが大事です。
ダラダラと継続して通うのではなく、計画的に通いましょう。
また、全身脱毛を希望する場合は、何回の施術で(何カ月で)全身脱毛が一回終わるのか、確認することもおすすめします。
月額制サロンの代表ともいえるキレイモは、全身脱毛の範囲が顔まで含まれており、多くの芸能人も通っている大人気サロンです。
(パックプランも一応あります)

こんな人には回数パックプランがおすすめ

〇計画的に脱毛をしたい
〇仕事や育児が忙しくなかなか脱毛サロンに行けない
〇ある程度の金額をまとめって支払うことができる

回数パックプランにする方は、決めた回数で満足できなかった場合、追加コース契約となると高いので、始めから回数を多めで設定しておき、満足したら途中解約するという方法をおすすめします♩
契約前に、途中解約について詳しく把握することが肝心です。
先ほども書きましたが、ミュゼはその点途中解約でも手数料がかからず良心的です。

♥さらに詳しく見る♥脱毛サロン ミュゼプラチナム
通い放題も

銀座カラーやシースリーを代表とする脱毛サロンは、何度でも満足するまで脱毛できるコースを用意しています。
通い放題の場合は、総額が決まっていて、その支払い方法が違うだけになります。
とことんつるつるになるまで脱毛したいのであれば、最初から通い放題にしてしまうのも、実は一番お得だったりするので、ぜひ比較してみてください^^

♥さらに詳しく見る♥
脱毛専門店の銀座カラー